美肌を取り戻す正しいスキンケア法 春のお肌は揺らぎやすい?

まだまだ寒い日が続いていますが、徐々に春の訪れを感じることもあり、みなさんのお肌はベストな状態をキープしていますか?

季節の変わり目、特に冬から春にかけては、いつもよりも肌質が揺らぎやすくなり、乾燥が悪化したり、大人ニキビができやすくなったりと、毎日のスキンケアも見直すべきタイミング。

ここでは、春のデリケートな肌質を健やかにキープし、トラブルが起きないためのとっておきのスキンケア法をわかりやすくご紹介していきます。

春のお肌の状態とは?

春のお肌は、冬の間の乾燥によって、バリア機能が低下し、シワやたるみ、シミや肌荒れなどが起こりやすい状態です。

このタイミングで、冬から春にかけての寒暖の差、ライフスタイルの変化などによるストレスがプラスされ、お肌へのダメージが大きくなってしまうことも。 ここでは、春のお肌にダメージを与えてしまう原因を見ていきましょう。

 ・寒暖差によるお肌へのダメージ

冬から春にかけては、寒かったり温かかったりと気温の変化が不安定になっているため、お肌が追い付けない状態になってしまいます。

すると、お肌をあらゆるダメージから修復するためのターンオーバーが乱れ、肌荒れやカサカサした状態が長引いてしまうことにつながります。

・紫外線によるお肌への影響

冬から春にかけての移り変わりは、紫外線が降り注ぐ量もどんどん大きくなっていきます。

特に3月頃から紫外線の量が増え、毎日のUVケアを習慣化していないと、もともとお肌内部で生成されているコラーゲンが破壊されてしまうことにつながり、弾力が失われてシワやたるみができやすくなったり、シミの原因となるメラニン色素が活発に分泌されて、シミができやすくなってしまいます。

 ・ストレスによるお肌へのデメリット

春になると、進学や転勤、就職や昇進など、いつものライフスタイルが大きく変化することもあります。

生活環境の大きな変化は、ココロに負担やストレスを与えてしまうことで、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすくなり、ちょっとした刺激や摩擦を受けるだけでもお肌トラブルができてしまうことがあります。

春もお肌を健やかに効果的なスキンケアのコツ!

できることなら、季節や環境の変化にかかわりなく、いつも健やかでトラブルのない美肌を維持していたいですよね。

ここからは、そのキーポイントとなる、春に実践すべき効果的なスキンケア方法をわかりやすくお伝えしていきます。

・やさしさ第一のクレンジング&洗顔

春は、花粉や黄砂などがお肌につきやすく、そのままダイレクトにダメージにつながりやすいタイミングです。 帰宅後は、なるべく早くクレンジングと洗顔をして、お肌の刺激物を洗浄してあげましょう。

春は、お肌のバリア機能が不安定になっている時期でもあるため、無添加処方でやさしさ第一の処方がされた、クレンジング料や洗顔料を選ぶことがおすすめです◎

・うるおい重視の保湿ケア

洗顔をした後のお肌は、角質層に含まれている水分が蒸発しやすい状態になっています。 洗顔後は、時間をおかずに早めに化粧水・乳液・美容液で丁寧なスキンケアを行いましょう。

春のお肌を健やかに整えていくためにも、ヒアルロン酸やセラミド、プロテオグリカンといった保湿成分が含まれたアイテムを選ぶことが◎!

お肌にたっぷりのうるおいをチャージすると、バリア機能が高まることで、シワやシミのできにくい肌質に強化できます。

・徹底した紫外線対策

光老化も深刻化されている今、毎日のUVケアは、天候にかかわらずに習慣化することが大切です。

普段使いの日焼け止めは、SPF20~30/PA++~PA+++、外で過ごすことが多い場合は、SPF50/PA++++の商品を賢く選び、使い分けながら光によるお肌の老化をブロックしましょう。

おわりに

何か新しいことにチャレンジしたくなる、ステキな季節でもある春。

この時期でも自分のお肌を好きになれるように、基本的なスキンケアを忘れずに習慣化していきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました